contrabbassissimo

etham.exblog.jp
ブログトップ

Via Gasparo da salo

ブレシアと言うボローニャの北にある街に行って来た。
なんと言う事はないんだけどここの街には絶対名前の通り
に「ガスパロダサロ」か「マッジーニ」があるんじゃないかという疑いがあった。

この二人は今から400年くらい前にバイオリンという楽器を形にした
というかとても大きな功績を残したとっても重要な製作家でコントラバスも
数台現存している。僕も一台役400年くらい前の楽器を見た事があるが
なんといっても状態が良いのに驚いた。名人が作った楽器を何百年も引き継ぎ
名器だから故にまた修理の名人が必死になって完璧に直して行く....そんな
コンディションの良さを感じた。

そこで僕は街の地図を駅の中央で眺めていたら、地元のおじいさんが
話しかけて来る。『どこか探しているの』と聞くので「あるかわからないけど
こういう名前の通りを探してる」と言った。
すると「マッジーニはないけどガスパロダサロはあるよ。ココをこう行ってココを曲がると...」
と丁寧に教えてくれた。最後におじいさんバイオリンを弾くポーズ。
やっぱりあった。こういう古都には様々な楽しみ方がある。
おじいさんもこんな400年も前の事知っているのにはびっくりした。
[PR]
by chambers2 | 2005-02-23 02:39