contrabbassissimo

etham.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

500

発見!やれたチンクエチェント。
イタリアに来て一年になりますね早すぎる時の流れに驚きます。
ここのところあるアイディアがもちあがっていまして半年イタリアにいて半年日本で過ごそうかと考えています。何故かと言うとビザのために色々な出費とアパートを借りるリスクとまあ書き出したら色々あります。それにもっと色々旅行もしたいのでやはりここイタリアの物価は本当に高いです。まず物価と賃金が釣り合っていないのです。実際仕事をこっちでもって両親なりから仕送りももらわないでがんばっている日本人の方は僕はあまり知りません。(もちろん知っている人もいますが)まあ本当に自力でやるのは大変ですね。

半年と言っても3ヶ月単位で日本三ヶ月、イタリア三ヶ月といった感じ。どうしてもこっちで練習だけする時間が僕には必要です。飛行機の安い時を見計らってって感じですかね(笑)お金もかかりますが考えも偏らないと言う意味では良いアイディアかなと思ってます。知り合いにB&B(ベッド&ブレークファースト)を持ってるアリアンナもいるし。
そう、彼女は今年10月に子供が誕生します。旦那のフィリッポも大喜びで、楽しみですね。
まだあくまで構想です。まだいるかもしれないしまだ本当にわかりません。
でも良いアイディアでしょ?色々考えて実行するのは楽しいですね本当に。
b0067102_17541158.jpg

[PR]
by chambers2 | 2005-04-28 17:55

どうでも良い話

ひょんなことから松浦亜弥のプリッツのCMを見てしまった。
こっちにいて感覚が変わって来ているのか分からないけど
ウケてしまった。あの手のCMは日本にいた時は元々テレビ嫌いなので
すぐチャンネル変えるか「あーあ...」なんて言うんだけど。
僕は松浦亜弥ファンではないです。一応。

こっちで日本のもの見れないのでこういうの見るの面白いな
今どんな感じなのかが何となく分かる。服とかも。
[PR]
by chambers2 | 2005-04-22 16:06

レッスン

今日も行って来ました。
まず起った事を端的に書くと
1,行きに女の子でコントラバシストを見かけた。それもリュックみたいに背負ってヨーロッパに良くいるでかいリュックを背負ったバックパッカーよりでかい状態。「こんな大きな楽器なんだな」と改めて思ってしまった。だって客観的に人が持ってるのを見るの少ないですからね。
それに女性奏者は比較的少ない、しかもリュック背負い。少し笑ってしまいました。ボローニャの音楽院の生徒なんでしょう。僕はと言うと「エレガント」にホイールをエンドピンにつけてころころ転がして運んでいます。みんなそれを見てにやりと笑ったりしますね。このとき気をつけなくちゃならないのは疲れた顔を見せない事。鉄則。

2、マエストロの住む街プラートは中国人がたくさんいるもう彼らがイタリアで一番住んでいる場所だと思うんだけど楽器を持って狭いドアを通ろうとしたら中国人らしき男性が必死で開けてくれようとしていた。なんだか嬉しかった。エレガントに運んでいるつもりが大変に見えたのだろうか...
この街はあまりにも中国人が多くて現地住人は結構アジア人やその他の外国人に冷たい傾向があると思うんだけどこういう人を見ると余計なんだか中国人の彼らも大変なんだろうと思った。しかも今の日中問題はかなり考えさせられる。このあと「君は日本人か?」なんてはなしになったらどうなるんだろうかなんて思った。

3、レッスンは大変うまく行った。たくさんさらった甲斐があったというもんだ。それにしても毎回的確にへんてこりんな癖をいとも簡単になおしてくれるので気功師かなんかかと思う時がある。まあそれだけ客観的にみてるんだろうね。まあだまされたと思って言われるがまま練習してます。まあ基本的に先生の意見でも合わない物は切り捨てるタイプですが今のところそう言うのはないですね。なんか指摘されると大体僕が「出来てない」んです。ただここで堅ーいクラシック特有の固定観念にハマらないように気をつけてますが。

オーケストラのリハを見て来た。うーんおもしろい。来週は練習して参加する予定。
[PR]
by chambers2 | 2005-04-21 01:49

大分大きくなった。

ソニーっていたずらが大好きで熊のぬいぐるみをガブガブ噛んで
「NO!」って言った直後の写真。
「へっ?!」って言う顔なんだけど耳が見事に横に倒れてますよ。
b0067102_18313987.jpg

[PR]
by chambers2 | 2005-04-15 18:30

あー難しい。

忍耐力がもっと欲しい。
その次に体力。色んなボーイングの練習って
パズルみたいではまるといいんだけど。
ハマらないと、はい。気が狂う程めんどくさいです。
[PR]
by chambers2 | 2005-04-13 07:35

いや良く弾いた。

上の住人がいないと分かった瞬間ミュートを外し
爆音。結構コントラバスの音って目の前で聴くと大きい。
それに弓で弾くともうすごい。しかも黒毛、松脂も柔らかめ、座奏。
これが芯から鳴っちゃうとさすがに部屋が鳴る。

時間帯もまるで学生のごとくきっかり初めきっかり定刻で終わるようにしてる。
こんな規則正しい毎日は中学生以来かも(笑)
やっぱジャズとクラシックを半々に弾くのが最高に楽しい。
左手の指が太くなっていくのを見るのが楽しみになってる
これは結構いやかなり気持ち悪いかも。でもベース奏者は良くわかると思う。

ちなみにソニーは練習が終わるとベッドから飛び起きて遊んでときます。
あまりにも寂しいとベースを弾いてる足下でトグロを巻いて寝ちゃうんです。
そうこんな感じで待っています。
b0067102_7551182.jpg

[PR]
by chambers2 | 2005-04-09 07:54

おすすめです。

ハービーハンコックのサンライト
聴いて下さい。僕が高校生のころに鳴らしまくっていた
伝説の名盤です。元々は父のコレクションでしたが二秒か三秒で
はまりました。これを皮切りにソウルにどっぷりになって色々
聴きました。こんな説明じゃ誰も聴かないでしょうね(笑)
僕はレコードでしか持っていない。今は
ipodやらMP3の毒素のせいでLPってのが遠い存在になってしまった。
僕はレコードの音も大好きです。
b0067102_659974.jpg

[PR]
by chambers2 | 2005-04-06 06:58

また。

また、調子掴んできました。
この前はサルバトーレっていうベースの奴と一緒に練習して
ジャズをやったりベートーベンの交響曲をさらったりともりだくさんでした。
それsにしても僕の周りにいる人たちアパートを既に買っている青年が多いぞ?

で今度は、ドラマーのダリオからピアノレスでサックスを入れたトリオで
バンドを作ろうと言う話になった。どうやらサックスのアンドレアが気に入ってくれたらしい。
彼はボローニャの音楽院のジャズ科に通っている。

ソニーはと言うとティッシュをいたずらしたり
散歩の時は「気持ち悪い」と言われたりして。(このときは「うるせー!」と思ったけど)
でも芝生を走らせるとどの犬よりも速いのです。
ちゃんと僕が遠くに行こうとすると目がいいので「迷子はいやだ!!」って感じで
すぐついてきます。
[PR]
by chambers2 | 2005-04-06 06:48

ソニー電車に乗る

動く景色が楽しくてたまらないみたい。しっかりシート一人分とってエンジョイしていました。
b0067102_727244.jpg

[PR]
by chambers2 | 2005-04-03 07:27

今日のレッスン

今日のレッスンはなんで自分はここに来て
るのかと言う事を再認識させられました。いや、させて頂きました。
なんのためにどれくらいの情熱を持って何を体得しに来たのか。
やっぱりかなりやる気があるみたいです僕。当たり前なんですが大事な事です。

はっきり言って今回のレッスンに対する蓄えが浅すぎました。
それを分かって望んだのですがいい感じでまた違う抜け道を見つけました。
もちろんかなり空回りはしたが。

とにかくこの感じを維持しなくてはと思ってます。

特に怒鳴るでもなく「練習あるのみ」のオーラを彼から感じました。
僕は人を萎縮させる教え方、人は嫌いです。すばらしい才能、技術を持っている人は
音楽にこそ寛大です。だからこそ駄目な時は自分の駄目さ加減が痛烈に分かります。
逃げられません。これは今まで会ったすごい人みんなに言える事かなと今思いました。
よくも悪くも今日もたくさん学びました。そのあとの自分に刷り込むのが
こつですね。その場では十分理解できててもついできてなくて忘れちゃう事もあるみたい。
とにかくボーイングパターンの数の多さと言ったら気が狂います...が、
ここで逆に「なんてパワーアップしてるんだろうこの練習で」というポジティブ思考で
行ってます。
[PR]
by chambers2 | 2005-04-02 04:54