contrabbassissimo

etham.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

イタリアの運転

イタリアで運転してみると色んな発見がある。
日本では横から入らなきゃ行けない時とかにたまに道を譲ってくれたりそのあとの「挨拶」パッシングやクラクションとかあるけどこっちはまったくなし。もう我が道をつっぱしるというかんじ。
困るのは二車線あったらその真ん中を「どっちにいこ〜かな〜きめられないよ」って感じで
ふらふらされること。頼むから決めてくれと思う。なので信号待ちのときとか二車線に車が
4台くらい連なる事は当たり前。それと高速での追い越し車線などで道を譲るのが遅れたりするとあのジェスチャーもパッシングと一緒についてくる。

でもイタリアではイタリアの運転をしないと事故に遭う。
日本でイタリアの運転をしたらさらに事故に遭う。

なぜアルファロメオを代表とするイタリア車がスポーティーだったり
普通のフィアットとかまでも結構「意外な」勢いがあったりするのはこっちで運転して
すごく良くわかった。日本で一回フィアットのクーペという車を運転させてもらったことが
あるけどその時は「なにこれ?」ってくらい気持ち良い加速な車だった。

なぜイタリア車がこうなのかというと彼らの運転がスポーティーだからだと思う。
はっきり言ってこの国では出足の遅いオートマの日本車のような車は売れない。
実際イタリアではアメリカほど日本車は人気がない。しょっちゅうする一瞬の車線変更などはマニュアルでばしっと決めるし。そんな毎日がレース?!のような国でちんたらしたAT車が流行る訳がないのだ耐久性もMTの方が高いし。

ある日運転してたらどうも「なんてイタリア人らしくない運転なんだ」と思って妙に目につく車が前を走っていてナンバーをみるとドイツでした。運転は国柄を表すようです。

僕は別にスピード狂でもなんでもないんですがスポーティーな運転をしなきゃ行けないな国だからアルファロメオとかそう言う味付けがあるんだってふと分かったんです。

それにしてもシチリアの運転は怖かったです。ナポリはもっとすごいらしいです。
バイクなんかノーへル当たり前でそれもいいお父さんが子供を前に乗せて子供までノーへル
ですから。まるでテレビで見たことのある中東の街に紛れ込んだような感じです。
[PR]
by chambers2 | 2005-06-29 03:35

暑い...

ボローニャは暑いです。海で泳ぎたい...
海辺の暑さと街の暑さではこうも違うのか。

昨日はボローニャのBARでライブしました。
ギターとドラムでのトリオでなかなか楽しく出来ました。
まーみんな楽しむ事を知ってますね。お客さんも。最高。音楽は楽しまないとね。
楽しむ事に関してイタリア人は世界トップクラスの人々だと思います。

楽しむ時は楽しむ。嫌な時は「イヤ」という。
日本だと又感覚が違うのは分かるけど最低限の感情を素直にあらわにするのは
無駄なストレスが溜まりません。かといって周りに迷惑がかかるかというとそういうものでもない。こっちだと「やるの?やらないのどっち?「好き?嫌い?」ってことがバシバシあるのですが
ぱっと自分の意見をみんな言うので爽快ですね。

こういう時って思いやる気持ちも大切だけどバシッと言う事で必要以上の「湿度」みたいなわだかまりはいらないし、なによりやりたい事に余計な壁がでてこないのがいい。

楽しもう楽しもう。さあバールでcaffe飲もう。練習しよう。演奏しよう。
課題を克服しよう。

こうポジティブにいられることは音楽家に限らず大切な事だと思います。
何が素晴らしいってそれが保てる事ですね。イタリア万歳。
今日はなんか良い事書いてますね。

写真はソニーにエサ(砂混じり)を上げて遊ぶ女の子。




b0067102_23155457.jpg

[PR]
by chambers2 | 2005-06-22 23:16

シチリア2

晩ご飯とかはレストラン。自分で作って一週間過ごすより安上がりだし
なんと言っても地元の料理が食べたかったから。
最初に行ったのは泊っている部屋のオーナーのおすすめで海沿いにあって魚屋と提携してるためとても新鮮な魚が安くて食べれる。まず小魚のフライを頼んでその後はウニのパスタ。
b0067102_4472783.jpg

魚が全くない内陸ボローニャにいるとこういうのが無性に食べたくなる。でも鮮度があんまりなのでいつも買わなかった。ワインはもちろんシチリア産の白。
それにカジキマグロを食べた。味はどれも秀逸でこれぞイタリアといった感じ。
しかもさらにボンゴレのスパゲッティをサービスしてくれた。
はっきり言ってボローニャより、いや北イタリアより全てがうまい。断言します。

どこに行ってもフォカッチャ1ユーロ
ジェラート1.5ユーロ。しかもジェラートはボローニャよりうまい。
1860年創業のジェラテリーアがチェントロにあったので毎日必ず食べた。
食べてばかりいるかというとそうでもなくて車ではあの過酷なレース
同然のドライブがが般道で始まります。そして食べた後は海。ウニ。

潜ってウニを10匹捕れたので食べました。結構頑固に岩にへばりついているのでナイフで
ガリッともぎとります。それを道ばたになっているレモンを
頂いてそれを絞って食べます。絶品です。ウニにはソニーも興味津々で殻やら
くわえたりしてました。野生に戻ったような感覚で大変心地よかった。
やっぱ人間仕事ばかりでも音楽ばかりでもだめですねたまにはこうやって自分の食料を
素手でとって食べたりしないと(笑)
b0067102_4484163.jpg

[PR]
by chambers2 | 2005-06-14 04:49

シチリア

シチリアまではローマ経由で飛行機で行く事にした。
ソニーのハードケースが心配だったがボローニャのアリタリアが
親切にしてくれたおかげで無事に飛行機に乗る事が出来た。中では
鳴いたりしたけどまあまあおとなしくしてくれた。
b0067102_6321871.jpg

シチリアについて空港でレンタカーを手配する。ルノーの新車だった。
フランス車にちゃんと乗ったのは初めてだったけどまあなかなか、
最近の自動車は良く出来ていると感心してしまった。でも二時間ぐらいで
すぐ飽きてしまった。車に飽きると運転が嫌で仕方なくなる。やっぱり古い車が好き。
ただ楽器を運ぶ事は慎重で楽でと言う事も重要だし燃費もね今後も新しい車になるなと色々
考えてしまった。ただ運転が楽しいって言うのは相当大事。1年車にまともに乗らなかったけど
これで良くわかった。運転と車が好きだって事が。

パレルモの空港から目指すはアボラというさらに南にある小さな街。
途中まず運転の荒さというか自由奔放さに驚く。車線は当然ないしみんな
横から縦から斜めからどんどん入って来るからもう大変。アリが群れているような感じ。
それに慣れるまで少し時間がかかったけど最終的にはシチリア人の運転になっている
自分がいた。だって周りに合わせないと余計事故になるからね。一車線での追い越しも
当たり前。
b0067102_634580.jpg


アボラにはプライベートで貸してくれる所を見つけたので随分安く上がった。
アボラはシラグーサから7キロくらいのところにあってワインはイタリア全土でもかなり有名。
海は奇麗で家から10メートルのところにビーチがあった。朝起きるとまず海でお良いでソニー
の散歩をして..というのが日課になった。なによりソニーが大喜びで自ら海に入り泳いだり砂浜
を走り回ってるのをみるとこっちも嬉しくなった。
b0067102_636718.jpg
何より海はこんなに奇麗。

シチリア旅行記まだつづく...はずです(笑)
[PR]
by chambers2 | 2005-06-13 06:37