contrabbassissimo

etham.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ラグー

via fondazzaにあるオステリアで食事。
前から気になってたんだけどいかずじまいだったので夕食を取りに行った。

今日は名産ラグーのタッリャテッレを頂く。
味は家庭的な味、今まで食べたラグーの中で上位ランクだ。
それにしてもうまいイタリア料理は日本食に負けません。
僕は和食が世界で一番うまいと思ってます。でもうまい素材と料理してくれる
所とか贅沢を言ってるとお金がかかりますね和食は。その点イタリアはうまいpizzaも
500円くらいで買えるしちょっと良いレストランでもそんな高くないので気軽に
外食しようという気になります。

美味いものって良いですよね。料理もかなりするようになったからか
最近味にうるさくなって来ました。
[PR]
by chambers2 | 2005-07-30 16:20

MP3

最近MP3の音が嫌いで、なんだかしゅんとする。
どこがどうっていうんじゃないんだけど明らかに低音はぼやける
し全体的に抜けが悪いだから音量が上がる。ベース奏者としてどうかと思う。

CDの音ものっぺりした音で出た当時はノイズがなくて便利で新鮮だったけど
好きな音じゃなかった。もう仕方ないですよねこれは。

レコードですり切れるくらい聴いていたタイトルとかをipodにいれるために
CDで買い直して聴いたりするともう撃沈。なんか違うんだよなーと。
で、レコードで改めて聴くと「これだ!うぉー!」って感じ。

やっぱレコードは偉大ですよ。自らの身を削って音を出すんですから!
まるでミュージシャンみたいじゃないっ?!”て思います。僕はやっぱりLPが一番
ちゃんとした再生装置だと思います。

でもあの便利すぎるMP3地獄からは抜けられてません,,,ちょっとこれが最近
僕の中で考えものなのです。便利すぎてすぐ色んなのを聴けるのはいいけど
音が悪い→細かい音が聴こえない特にベース→昔良く聴いてたのを聴かなくなる→色々聴き過ぎて集中力に欠ける。

それに比べてLPは、ジャケットがでかい→音がいい→アルバムに思い入れが出てくる→集中して聴く。てかんじでしょうか。良く友達の家にレコードを持って行ったりしたのを思い出します。
mp3もLPくらい音がダイナミックで音をごりごり削り出してくれるように
ならないかなあと思います。あ、僕はいわゆるオーディオマニアではないですよ。
ああいうのは言い出したらっきりがないだろうから現時点ではLP化が一番大事だってことに
してます。

ブルーノートから出てたりするLPの重量盤の音が大好きです。ぶっ飛びますよ。
[PR]
by chambers2 | 2005-07-28 16:40

ウィリー

またまた公園でウィリーを発見しました。
イタグレはイタグレと遊ばせるのが一番良いようです。
遊ぶの大好きなソニーはいつにもましてはしゃぎまくってました。
相撲みたいなことしたり走り回ったり ...他の犬だとソニーの方が足が速いので
いつも走り足らなさそうだがこの日は違っていた。
b0067102_23242384.jpg
b0067102_23242381.jpg
b0067102_23252077.jpg
b0067102_23255611.jpg

[PR]
by chambers2 | 2005-07-26 23:25

始まりました。

僕が練習をやめている隙に近くの住人が
フォークギターをかきならし大合唱。イタリアのフォークみたいな曲
っぽい。

すっごい元気がよくてすっごい楽しんでるので嬉しくなった。
音楽にシリアスに取り組むのもいいけど意外にこんなものがエネルギーを
持っているものですね。とにかく楽しんでるからいいエネルギーが出るんだと思う。

テクニックとかじゃなくて難しさとかじゃなくて
音楽を楽しめばけっきょくどんなジャンルだって関係ないよね。

合唱してる人たちはなんにも考えてないんだろうけど(笑)
でも明らかに良いエネルギーをもらいました。

無心で楽しんで音楽やればいい演奏が出来そうだなあ。

ところでイタリア人はジャズよりビバルディやると(おおざっぱな言い方だが)
異常にグルーヴします(笑)
やはりああいう要素が脈々と流れているんでしょうね。ほんと感激します。
[PR]
by chambers2 | 2005-07-21 00:29

ジェッシ

via fondazzaのbarでこっちに来た時から仲の良いジェッシに会った。彼は70歳くらいのおじいさん。世間話をしてcaffeを飲んで、気持ちのよいひとときを過ごした。
お気に入りのbarがみんなそれぞれあって常連客のコミュニティーがあってそこに行けば誰かいてなにか話すんだけど人情を感じますね。
なんか下町のような感じがしますね。僕の知ってるほんとに江戸っ子の人はこれと似た
要素を持っているなあ。たまにイタリア人と江戸っ子が似てると思う事があります。

ここでは前に演奏した事があるのでみんな感じが良くて嬉しいなあ。
ということでぱっとbarに入って知人と会って話すと1日のエネルギーを充電出来ます。
僕は日本で前に住んでたところでそば屋とうどん屋の人と仲良かったというか行くと世間話をしたりしてたのである意味BARと似たような感じですね。好きですこういうコミュニケーション。

なのでコンビニの心のない「いらっしゃいませ」や「又お越し下さい」が悲しくなります。
ただのマニュアルだから言われても目を見て会釈をするとか、どういたしましてというのも
変だし...どうすれば良いかたまに考えます。あと商品を袋に入れてもらってどうしますか?
こちらもせめて「どうも」くらいは言いたいなあとか思います。

良い接客とはなんなんだろうか?と考えてしまいます。
あれは奇妙です。どうやら僕の文章は一回に二個ぐらいの題材が出てくるのが特徴なようです。
b0067102_1951132.jpg

前回のライブにて。
[PR]
by chambers2 | 2005-07-05 19:26

pink foloyd

昨日MTVで7月2日にロンドンロンドンのハイドパークで開催される、アフリカ貧困救済チャリティーコンサートを見た。懐かしかった。高校生の時とかは(実は小学生から)プログレに狂っていたのでここで今の自分の音楽感から見るとすごくおもしろかった。
なによりギルモアかっこいい!!この人は本当に...まったく...かっこ良すぎる。

「ライブ8」にロジャー・ウォーターズを迎えピンク・フロイドが復活!第3世界への援助という目的のために、ギルモアとウォーターズが再び同じステージに立つことになったのです。
彼等はこうコメントしています。

「主要8カ国の首脳らに対し、貧困国の支援強化に大きく貢献するよう説得するためなら、出来ることは何でもしたい」
デヴィッド・ギルモア


「(ライブ8の呼び掛け人である)ボブ・ゲルドフから、第3世界への世界規模の支援拡大の手助けをしてほしいと頼まれ、やってみようと決心した。知らん顔しいる訳にはいかないいんだ」
ロジャー・ウォーターズ


ギターのデヴィッド・ギルモア、ドラムのニック・メイソン、キーボードのリチャード・ライトに、ベースのロジャー・ウォーターズを加えた4人のライブは、1981年にロンドンのアールズ・コートで行われたコンサート以来。
アフリカの貧困をなくすよう訴えるため、ボブ・ゲルドフが主催した同コンサートでは、他にコールドプレイ、エルトン・ジョン、ポール・マッカートニー、マドンナ、U2他豪華アーティストたちが参加予定。イギリス以外アメリカ、イタリアなど世界各国で開催される大規模なイベントである。
b0067102_413086.gif

[PR]
by chambers2 | 2005-07-05 04:13

Ciao!!

交差点で信号待ちしてるとバスが急にクラクション
をブアー!!っと鳴らしました。
ふと横を見ると僕の隣に立って同じく信号待ちしてた人が手を振っていました。
知り合いだったようです。しかも一旦止まって「どおー?元気ー?」
ってやってるわけですね。なんという個人の自由。
[PR]
by chambers2 | 2005-07-02 07:47

音楽って

一回聴いてスルスルッと入って来て、感動する。
だからそれ以上の余計な情報はいらないや。と思う事がある。
自分がその音楽にどれだけのドラマを感じれるかかなーと思いました。

感動する曲を聴くと自分の言いたい事がその音楽流すだけでマトリックス(あの映画の最初のシーン)みたいに
ばーっと流れ出る感覚。うまく言えないけど。、また。
[PR]
by chambers2 | 2005-07-02 05:51